2016年12月21日

暮れまで、あと10日

こんにちは、WX−COCKです。
12月も後半になりました。
もうこんな時期になってしまった。
今日鹿児島は、21℃。
暮れの実感がありません。

イヌも抜糸して、1週間経ちましたが、
『あ〜、傷口が開くから、やめて!』と叫ぶことがしばしば。
痛くないのか、全く同じ生活に戻りました。

日曜日には、保健所で開催された
『犬のしつけ教室』に家族全員で参加しました。
情報は、共有しておかないといけないと思って。

ウチのは問題行動が多くて、頭が痛いところですが、
参加者の皆さんも、同じような事情を抱えての参加らしい様子。
『みんな手を焼いての参加かぁ〜』と、共感出来る雰囲気が漂う。
トイプードルが、壁を噛む・・ということはあるらしく
モデル犬を連れて来られた方のトイプーもかじるそうで、
『どうしたら良いでしょう?』と私が尋ねたら、
・・『仕方ないですね』・・あれ??
『犬が噛むものを、犬の近くに置かないことです』
・・壁から離すなら、別室を用意しなくちゃいけないのか。
冬なのに、デッキで飼うか?
解決は、遠い。

今日から、大掃除計画実施。
ゴミカレンダーの『今年最後の収集』の文字を
確認しながら、ゴミ捨ての段取りをする。
毎年の事とは言え、何故か焦ってしまう。
年が明けたら、普通通りにまた収集が始まるのに・・。

もう捨てなきゃ、片付かない。
大切に取ってあった・・というわけでもなく、
いつの間にか、忘れていた物もあるし、
ため込んであったものを放出して、
身軽にならないと
今度は、失くした物が出てこない・・ということに。

年のせいか、置いたはずの場所に、その物がなくて焦る
・・という事態も発生する。
減らして、すっきりするしかない。
正直なもので、雨が降るとやる気がなくなる。
雨さえ降らなければ、曇りでも何とか。
大晦日まで、一気にいけますよーに!!
posted by wx-cock at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

イヌの経過報告

こんにちは、WX−COCKです。
今日、イヌの抜糸に行ってきました。

リブ編みの フィットする病衣を着せられていたので、
傷口を見るのは初めて。
手術してからの10日で毛が伸びて、
病衣から出たフワフワの手足が、ムキムキに見える。
チビTを着たマッチョな人の容貌になった。

傷は、5センチくらい。
きれいに治っていて、4針くらい縫ってある糸を
パチンパチンと切って抜く。
イヌは、看護師さんが脇の下を持ち上げて
バンザイポーズで、立たされていた。

私が、手術の後抜糸したときは
抜くたびに、お腹がピクッとなるような痛みがあったけど、
イヌは、暴れることもなく、鳴くこともなく
少しモゾモゾしただけで、無事終了。

娘が、抜糸後の傷口をいじるといけないから・・と
病衣を買って準備していたので
『着せたほうが良いですか?』と聞くと
『着せなくても大丈夫でしょう』と言われて、
身軽に帰ってきた。
家に帰って着せてみたら、パツンパツンで
既に小さい?
今日の体重も、少し増量して3.6キロ。


塗り薬もなし、飲み薬もなし。
2週間くらい効く、抗生物質を注射してあるから良いんだって。

内弁慶だから、ついでに爪を切ってもらったりしている間も
大人しくしていたのに、ウチに帰るなり暴れまくり。
すごい勢いで走り回って、
お気に入りのペットボトルをくわえて
頭を振り乱して、振り回す。

まぁ、元気で良かった。
posted by wx-cock at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

イヌ、手術する

こんにちは、WX−COCKです。
12月に入りましたが、鹿児島はポカポカで暖かです。

5日、イヌが不妊手術を受けました。
8ヶ月になったので、いつにしようか・・というところだったのですが、
今週は、レッスンの休講があり、奇跡的にガラ空き。
家にいて、看ていられる環境があったのでお願いしました。

昼までに病院に連れて行って、預けて
翌日にお迎えだったので、
その間は、手術後に病院からあった電話から様子を知るのみ。

不妊手術、犬歯の乳歯上下4本の抜歯、右目の涙腺の検査を同時にする。
『無事に手術終わりました。完全に麻酔から覚めています。
元気にしています。
この様子だと、明日退院出来ますので、お迎えをお願いします。』
という電話報告があった。
う〜ん・・
痛くて騒いでいるか、抜歯して痛くて鳴けないか、
想像しかない。

今ごろどんな様子だろうか・・と心配しつつ、
あのいたずら坊主(女の子ですが)がいないということは、
家中に張り巡らされた柵がいらないということ。
柵をどけてみる。
柵をまたがずに、行き来が出来る。
リビングに、とっ散らかったおもちゃの数々。
大好きなペットボトルも、転がったまま出かけたので、片付ける。
すっきり広い。
追いかけてきて、靴下を引っ張るので、靴下もはけない。
靴下がはける。
何より、静か。
ペットボトルを追いかけて、走り回る音がしない。
カラカラカラ・・という音がしない。
前は、こんな日々だったなぁ〜。

お迎えに行ったら、
カラーを付けて、保護服を着せてもらっていた。
お腹の傷口を、自分でいじらないかと心配だったから良かった。
顔を見たら、不安そうな顔をして、プルプル震えてた。
『元気で、朝ごはんも完食しましたよ。』と言われた。
そこは、変わらない。

家に帰ったら、カラーがあって、歩きにくそうだけど、
10日後の抜糸まで、しばらくは我慢だね。
自分のベッドで、ゴロゴロして安静にしている。
昨日は、背中を撫でてやったけど、今朝はいやがる。
夕べ、少し熱あったから、触られたくないのかも。
しばらく見守ります。
posted by wx-cock at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする